足に何かしらの症状を抱えている方は多く、そのほとんどの方は症状の出ている部分だけを治そうと思ってしまう傾向にあります。

しかし、それらの問題点は痛みが出ている部分はあくまで「結果」であり、身体に負担をかけてしまう無理のある歩き方が「原因」の場合が数多くあります。

まさか自分の歩き方に問題があるとは思わないですよね。


ですが、理論スポーツと言われているゴルフは、正しいスイングができれば狙った方向に力強く飛ばすことができます。

アーチェリーも正しいフォームで構えることにより初めて狙いを定めることができます。

これらと同じように、足の骨格構造でも自然で無理のない動かし方、理に適ったフォーム(歩き方)があるのです。これを生体構造力学(バイオメカニクス)といいます。

本来ご自身の身体に備わっている自然治癒力により、何もしなくても自然に治っていく症状がいつまでたっても一向に治らないのは、間違った身体の使い方をしている生活習慣に問題があります。

特に足は全身の体重を支えているため、間違った歩き方からくる悪影響は足だけでなく身体全体に波及します。

以下は間違った歩き方が原因で発生する可能性のある疾患になります。

 

思い当たる症状はありましたか?

 

歩き方が原因で上記の疾患だけに留まらず、反り腰になってお腹がぽこっと出たり、猫背になるなどの外見上にも幅広く影響を及ぼしています。

ここで問題なのが、これらの情報を知って「自分の歩き方が間違っているかも」と気付いたとしても、正しい歩き方を教えてくれる施設がほとんどありません。

モデルウォークを教えるスクールは、外見上の美しい歩き方にフォーカスしており、健康を目的としている歩き方とは目的が違います。

足の問題を解決するには、健康のために尚且つ理論的に信頼できる歩行を教えてくれる場所が必要となっています。

 

当院で指導している歩き方は、「ゆるかかと歩き(ネイティブウォーキング)」といい、ヒトの骨格構造上、「屈曲歩行」「二軸歩行」を基本とした自然な歩き方となっています。

ネイティブウォーキング協会が足の問題を根本的に解決していくために、アメリカ足病医学と人体構造力学を基に唯一無二の歩行指導メソッドを開発しました。

 

実際の施術の現場で検証を重ねて完成させたものなので、理論上だけでなく改善実績も圧倒的な検証が取れています。

また、長年の習慣となっている歩き方を変えることは容易ではないですが、指導方法にも独自のメソッドが確立されていますのでご安心ください。

 

自分自身を変えるための努力は必要ですが、それにより80歳を超えるご高齢の方や、杖がないと歩けない方まで習得可能となっております。

トライアルコースでは体験されたほとんどの方が、理に適った歩き方による「衝撃的な足の軽さ」に驚かれます。

この衝撃と感動を是非実際にご体験して頂ければと思います。