当院では皆さまの身体のお悩みを解決する為に症状に合った施術から生活指導、運動指導を提供しております。

これらの施術方針の根本にあるのは、「自分の身体の異変は、常に自分で治そうと頑張っている」という自然治癒力にフォーカスした取り組みをしています。

例えば骨折した場合は、患部を固定して骨がくっつくのを待ちますよね。これは病院で治してもらっているわけではなく、自分で治しているのです。

これが自然治癒力の効果ですが、骨だけでなく、身体全身のあらゆる筋肉や細胞レベルで常に治ろうとしています。

なので、例外として進行性や先天性の疾患、強力なウイルス性の疾患などを除けば、通常であれば自然と治っていくはずです。

それでは何故、肩こりや外反母趾などの慢性症状は一向に治らないのでしょうか。

 

理由は簡単です。治る力以上に負担をかける力が勝っているのです。

例えば、糖尿病の治療をしているのに甘いものを食べ続けたりするようなものです。

肩こりや腰痛などの慢性症状でいえば、「日常生活を送るうえで、身体に負担のかかる歩き方や立ち方などの悪い生活習慣を続けることで、無自覚のうちに身体に負担をかけ続けている」ということになるのです。

 

 

 

このようなお話をすると、「確かに!!」と納得される方もいらっしゃいますが、「いや、日頃から姿勢や歩き方には気を付けて歩いているよ!」と多くの方が言われます。

気を付ける意識はとても素晴らしいです。しかし、正しい姿勢や歩き方を実際に教えてもらったことがありますか?

教わった内容をご自身で知識として落とし込んだうえで意識して歩かないと根本改善に繋がらないのが現実です。

ほとんどの方は、しっかりと正しい姿勢や歩き方を教えてもらった経験はないと思います。

正しい歩き方を教えているところがあったとしても、モデルのウォーキング教室があるくらいで、「普段の歩き方」を学べる場所がありません。

また、テレビだけでなく、動画サイト、SNSなどから得られる情報の正確性も欠けていることが多いです。

そのなかで、正しい「歩き方」に関しても根拠のない誤った情報がありふれています。

もし、今まで正しいと思っていた姿勢や歩き方が間違っていたとしたらいかがでしょうか。

どれほど身体が回復しようとしても、間違った姿勢や歩き方によって状態を悪化させ、そしてまた身体は回復しようと働きます。

これらの度重なる負担と回復の繰り返しが続くことで慢性症状に陥ります。

これが常に身体が疲れている、痛みがある症状の原因というわけです。

しかし、これらの症状になっている皆さまが悪いわけではありません。

それは正しい歩き方を教えてもらう機会が無かっただけなのです。

これらの原因を解決できる環境が身近に無かったことで、長い間、外反母趾やひざ痛などの足の疾患に悩まされている方が非常に多いのです。

もし皆さまが足に関わるつらい症状の根本的な改善を望むのであれば、「歩き方」という生活習慣の問題を改善することが最重要になります。

当院では、足の医療の先進国であるアメリカの、日本には無い医学「足病理論」「生体構造力学」をもとに、身体に負担の少ない理にかなった歩き方専門の改善プログラムを導入しました。

当院の改善プログラムは、現状の改善のための「整体施術」と、その改善状態を維持し再発しないための歩き方を中心とした「生活習慣指導」の二つを軸に、改善から予防まで行っております。

「真の根本改善を目指す治療院」として皆さまの理想とする未来を実現するお手伝いをさせていただければと思います。